スポンサーリンク

My YouTube

パターンを作って使う 実践 ステップシーケンサー5 最小構成を作る第4弾 YouTube動画付き Logic  40

2020年12月1日

スポンサーリンク

ステップシーケンサー(5)

[A] 簡単な練習用の楽曲を『ステップシーケンサー』を使って作る 〜  最小構成を作る (第4弾)

YouTube動画タイトル : パターンを作って使う 実践 ステップシーケンサー(5) 最小構成を作る(第4弾) Logic Pro X 40

今回使用した[YouTubeオーディオライブラリー]の曲  : 「Moons」 (帰属表示が不要)

このYouTube動画には、つづき(続編)があります。それは次のYouTube動画タイトル : になっています。この記事の最後をご覧ください。

[B] 前回のおさらい      (前回の記事と同じなので、次[C]へスキップ可能です)

① Logic Pro Xには、いろいろなボタンやアイコンがあって、とってもややこしいですよね。この記事と動画が、皆様の操作の何かのヒントになればうれしいです。

②-2 いつものように、まずは、「キー・テンポ・拍子」を決めます。ここでは、[キー: cメジャー、テンポ: 110、 拍子: 4/4] としておきます(実際は、自由に任意に決められます、例: Am ,126, 3/4など)。

②-3ということで、[Drummer]の中から「ジャンル : Electronic」→[ドラマー担当の人の名前 : Magnus(マグナス) - Big Room EDM(ドラマーの主な音楽ジャンルのタイプ)]、さらに、画面右下の「あらかじめ録音されている[ビートプリセット]、右半分には操作している楽器の位置のまる印と自分で変更するための楽器そのものがいろいろ配置されています」の中から1つ選択[ここでは、[ビートプリセット : Glowstick ]を選択]します。選択した結果は次にでます。

Drummerを1人入れておく

②-4 この[この画像の場合、After Party]のトラックヘッダの右側の空いている空間(ワークスペース)上で、「右クリック」すると、ポップアップメニューが表示されるので、いつもの[MIDIリージョンを作成]のすぐ下にある[パターンリージョンを作成]を選択してクリックします。すると、[パターンリージョン]ができて、さらに、画面右下の[ ピアノロール]の領域のところの3番目の [ステップシーケンサー]となって、格子状の升目(ますめ)が表示されます。

[パターンリージョン]を表示する
叩く側からと観客側と1枚にしました。
個別に打ち込み
全部打ち込み入力した結果

③ 以上のように、前回までは、1人[Drummer]を選択し通常のリージョン作成で、別途「ドラムセット」で各パートごとに『ステップシーケンサー』を使用して構成したところまででした(3枚の画像の順に)。

④ その後、全体を入れた、ごく短い、そして、少量のトラック分の全体まで進みました。

[C] 今回の実践は、ステップシーケンサーの[パターン]機能をつかってみる

パターンブラウザの利用

⑤-1 「パターン」機能については、既に、第1回の記事で[特に「おすすめ」は、既に出来ているいくつかの「パターン(pattern)」が呼び込めるので、それを利用して練習に、または参考に使うことができるということです。ステップシーケンサーの習得には、この「パターン」を利用するのが早道かもしれません。]とふれております。

⑤-2 すなわち、[パターンブラウザ]は、あらかじめLogic Pro Xで用意されている既製の打ち込みパターンのことです。つまり、オーダーメイドな服ではなく、「既製服、吊るし(つるし)のスーツ」という感じで入力済みのものです。あとは任意の音源を選択して気に入ったものを選ぶだけです。方法は次のとおりです。

『ステップシーケンサー』の[メニューバー]で「編集、機能、表示」の右にある⬜︎の[パターンブラウザ]ボタンをクリック

⑥-1 この、初心者にとってお手本ともいえる「あらかじめ定義されているパターン」は、『ステップシーケンサー』の[メニューバー]で、「編集」、「機能」、「表示」の右にある[パターンブラウザのボタン](画像の緑色の囲み縁)をクリックすることによって、表示できます。

パターンの中から選択する

⑥-2 サブメニューには主に「User/Patterns/Templates」の3つのカテゴリーが表示され、「Patterns」はさらに「Bass/Drums/Melodic」の3つのサブカテゴリーが表示されます。

⑥-3 また、歯車型のアイコン「パターンブラウザのアクション」ポップアップメニューをクリックすれば、「プロジェクトのキーを使用、パターンとテンプレートの保存」ができます。

パターンを検索することもできる

⑥-4 また、パターンの名前で検索できる[パターンを検索窓枠]も用意されています。

[D] 今回の操作手順は、1番上のYouTube動画でご覧いただけます

⑦ 今回の記事は、ここまでです。続きは次の記事と動画になります。

⑰ 全体を入れた、ごく短い、そして、少量のトラック分の全体は、この記事のトップに配置しましたYouTube動画でご覧ください。

ほぼYouTube動画の流れの記事になっております。続きは次回です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

My DAW/DTM My YouTube

2021/4/15

実践 コード進行 初級編 IとIVとV ( Logic) 138

コード進行  〜  「初級編 初級編 IとIVとV」  コード進行 のつづき (10) YouTube動画タイトル : 実践 コード進行 初級編 IとIVとV ( Logic) 138 SoundCloudのurlは下記のとおりです。 こちら  https://soundcloud.com/user-978633928/jc42 scmbp007 · JC42 以上です。

Featured Video Play Icon

My YouTube

2021/4/13

楽曲作り 曲名 : JC42 (Logic) 137

[楽曲(Logic Pro Xのプロジェクト)作り _ JC42] 楽曲を動画 YouTube動画タイトル : 楽曲作り 曲名 : JC42   (Logic)    137 ---  備考 ---- 今回は、 Samplerと トランペットに対するmute(plug-in Fuzz-Waf)を使ってみました。 コード進行の最も簡単なのも少しだけ入れて(動画と少しずれてしまいました)みました。 SoundCloud へアップした楽曲を動画にしました(画面遷移)。 SoundCloudのurlと情報は下記の ...

My SoundCloud

2021/4/13

楽曲 JC42 をアップしました 〜 My SoundCloud (65)

Logic Pro Xで楽曲制作してSoundCloudへ [A] 新しい楽曲「JC42」をSoundCloudへアップロード ① 新しくLogic Pro Xで制作した楽曲をアップロードしました。SoundCloudのこの曲の「表示されている画面イメージ」と「URL」を下に貼っておきます。 scmbp007 · JC42 ② SoundCloudでの該当曲のURLは、 こちら>>→ https://soundcloud.com/user-978633928/jc42 以上です。

Featured Video Play Icon

My YouTube YT動画作成のヒント

2021/4/10

サブチャンネルの作成方法 YouTube動画作成のヒント 

サブチャンネルの作成と削除 [A]  「サブチャンネル」とは ------- 記事に相応するYouTube動画があります --------    YouTube動画タイトル :  サブチャンネルの作成と選択方法 (Logic) 136 ------- 記事に相応するYouTube動画があります --------    ① ふだん動画を作成したり閲覧したりするために使っているチャンネル(ここではメインのチャンネルとしておきます)以外に、別のジャンルを視聴者から要請されたとか仕事とは分けたいとか、様々な理由か ...

Featured Video Play Icon

My YouTube

2021/4/8

楽曲作り 曲名 : JC41 (Logic) 135

[楽曲(Logic Pro Xのプロジェクト)作り _ JC41] 楽曲を動画 Logic Pro X上の『Sampler』をさらに使ってみました。 SoundCloud へアップした楽曲を動画にしました(画面遷移)。 YouTube動画タイトル : 楽曲作り 曲名 : JC41 (Logic) 135 SoundCloudのurlと情報は下記のとおりです。 こちら  https://soundcloud.com/user-978633928/jc41 scmbp007 · JC41 以上です。

-My YouTube

Copyright© 音影雅冨 おんえいがあふう , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.