スポンサーリンク

My DAW/DTM My YouTube

パターンも使う Pops風 実践 ステップシーケンサー 12 最小構成を作る Logic 47

スポンサーリンク

ステップシーケンサー(12)

[A] 簡単な練習用の楽曲を『ステップシーケンサー』を使って作る

YouTube動画タイトル : パターンも使う Pops風 実践 ステップシーケンサー(12) 最小構成を作る Logic Pro X 47

今回使用した[YouTubeオーディオライブラリー]の曲  : 「なし」 (帰属表示が不要)。動画に入っているのはLogic Pro Xの音源だけです。

[B] Pops風にしてみました。

① Logic Pro Xには、いろいろなボタンやアイコンがあって、とってもややこしいですよね。この記事と動画が、皆様の操作の何かのヒントになればうれしいです。

② Logic Pro Xで作る時は、いつも通り、[Drummer 1人]と [シンセDrum]をはじめに入れていますが、全体の調整でスタートを遅らせて3番目くらいのスタート位置にいますので後述します。まず、セット弦カルをステップシーケンサーで入れました。入力(gridのオン)は下記画像の通りです。

③ 次に、シンセの中から「ハープ(Beautiful Sine Harp)」を選んで、すでに出来上がっている「既製服(つるし)」の[パターン]で[Slow Arrival]にしました。入力(gridのオン)は下記画像の通りですが、画像が切れていたら、Logic Pro Xで見てください。

④ スタートを遅らせて3番目くらいのスタート位置にいる、[Drummer 1人-Levi (Twin Fin)]と [シンセDrum (Roland TR-909)]、こちらはステップシーケンサーで入力。自分で感じた方で入れました。入力(gridのオン)は下記画像の通りです。

[Drummer 1人-Levi (Twin Fin)]
[シンセDrum (Roland TR-909)]

⑤ 次に、ベースで、[EDM-Bass]から[Flanged Bass]で『ステップシーケンサー』の[パターン]で「Deep Chill」を選択しました。入力(gridのオン)は下記画像の通りです。

ベース

⑥ 続いて、シンセの[シンセ-lead]から、[ Vintage Doppler]で『ステップシーケンサー』を使いました。同一音源のコピー(上の右側の白抜き+ボタン)での2台2トラックで時間差をかけてスタートして、入力(gridのオン)は2枚目移行の画像の通り、(1) GC2gc2DE(2)GC2G_C2GDEGという感じです。

2台2トラックで時間差
入力(gridのオン)1
入力(gridのオン)2
入力(gridのオン)3
入力(gridのオン)4

⑦ 続いては、[Apple Loops]からで、[Pop Champagne Koto]をそのままトラック領域にドラッグしました。検索で「(琴)koto」と入れての選択です。

[Apple Loops]からで、[Pop Champagne Koto]

⑧ 続いて、アコースティック・ギター(Accoustic Guitar)で、「ミュージックタイピング」を使っての入力にしました。「ミュージックタイピング」を再度表示されて、該当リージョンを再度再生させれば、鍵盤上で灰色に押されたところが動きますのでそれで確認できます。スクリーンショットの動画版で撮れます。もちろん、ピアノロール領域には、自動的に反映されているので、そこでも確認できます。

入力内容は、「ミュージックタイピング」上の鍵盤上で灰色で再生てれる

⑨ 最後に全体像ですが、時間経過とともに、遅れてスタートし早めに止まるようになっていますので、全体像も画像3枚で載せておきます。ちなみに、キー:C、テンポ:120BPM、拍子4/4、48小節足らずの少ない小節数の設定でした。

⑬ 後は、ほぼ(この記事のトップに貼り付けた)YouTube動画の流れの記事になっております。よろしかったら見てください。続きは次回です。

----- 参考文献 について ------

㊺ 参考文献はいつものとおり、以下の3冊です。コード進行は特に難しくてお世話になっております。本当にありがとうございます。

(a) 「プロの曲作りが分かる本 (CD付き) (マニュアル・オブ・エラーズ 著 (株)リットーミュージック )」執筆されているのは主に、谷口尚久、Nagie、山口優、蒲池愛、藤本功一、永田太郎、の各氏。

(b) 「大人のためのコードのしくみ」(五代香蘭 著 (株)ケイ・エム・ピー )

(c) 「大人のための作曲入門本(CD付き)」(友寄隆哉 著 (株)リットーミュージック )

 では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらも見てね!

YouTubeショートShorts 将棋と囲碁 旬のもの話題のもの

2022/5/21

囲碁を観よう! 石の打ち方4

YouTube ショート その245 囲碁の石の打ち方4 (囲碁の超入門編です) 245 YouTube動画タイトル : 「囲碁を観よう! 石の打ち方4 (245) #Shorts」 前回から始まった囲碁の石の打ち方です    (囲碁の超入門編です) (1) 囲碁は、「黒と白が線と線の交わる点(交点)」に黒番と白番の交代で石を打ち(置き)ながら 相手の石を囲んで取りながら一方では自分の石と地を囲まれないよう 守りつつ互いに自分の陣地を形成していき『最後に陣地の大きいほうが勝ち』です 相手の石を取るには『呼 ...

music YouTubeショートShorts

2022/5/19

ガレバンで遊ぶ42長調 四和音2

YouTube ショート その242 (おかげさまで、240に達しました ありがとうございます!!) GarageBand ガレバンで遊ぶ iPhone/iPad用musicアプリ YouTube動画タイトル : 「ガレバンで遊ぶ42長調 四和音2 (244) #Short」 三和音の時と同様に今度はこれら7つの四和音のおのおのについての「コードの種類」を調べます 7つの四和音のI〜VIIのおのおのについてルートと7度の音程を鍵盤図で調べて「長7度」か「短7度」なのかを求める もう1つは三和音の「コードの ...

My YouTube YouTubeショートShorts 点字を学ぶ

2022/5/19

点字を学ぶ  ひらがな  さ

点字 Shorts動画 243 ( Braille  ブレェィ(ユ)ゥ ) ひらがなの、 あ行、か行と進んで「さ行」です。今回は、そのポイントです YouTube動画タイトル : 「点字を学ぶ ひらがな さ (243) #Shorts」 ① 日本での点字の代表的な表現の1つ 「6字式点字」は たて3点よこ2点の 6点の組合せで 作られています 今回は、「さ行」の「さ」は図です まとめ:「か行」も「さ行」も『あ行(母音を兼ねる) プラス(+) その行の特有点』 となっています 続きは次回 以上です。

music YouTubeショートShorts

2022/5/17

ガレバンで遊ぶ41 長調 四和音

YouTube ショート その242 (おかげさまで、240に達しました ありがとうございます!!) GarageBand ガレバンで遊ぶ iPhone/iPad用musicアプリ YouTube動画タイトル : 「ガレバンで遊ぶ41 長調 四和音 (242) #Shorts」 (1) 前回は長調の三和音のまとめでした。 次はTDSなどの話に進むところですが今回から少し四和音をします。 進め方は三和音と同じですが、すでに音程の「7度」は済ませてありますので、ルートと7度の音程と三和音の関係が中心になるかと ...

music My YouTube コード進行新シリーズ

2022/5/14

四和音  新長調シリーズ3   202 

コード進行の最初、長調の四和音 コード進行の一環として、音程1〜8度を考慮に入れた三和音を最初から (長調、例としてCメジャー)   (YouTube動画はこの記事のなかほど) (内容) 長調の三和音から、四和音に入りました。次回以降は『TDS』への予定です。 この記事には、YouTube動画があります YouTube動画タイトル : 「四和音 新長調シリーズ3 (Logic) 202」 [opening] 長調の四和音  長調(例 : Cメジャー)で⑴音程1〜8度  ⑵三和音ときまして今回は⑶四和音に入 ...

-My DAW/DTM, My YouTube