スポンサーリンク

My DAW/DTM My YouTube

ステップシーケンサー 2 最小構成を作る YouTube動画付き Logic 37

スポンサーリンク

ステップシーケンサー(2) 

[A] 簡単な練習用の楽曲を『ステップシーケンサー』を使って作る

YouTube動画タイトル : 実践 ステップシーケンサー 最小構成を作る 〜 Logic Pro X 『ステップシーケンサー』(2)

今回し用した[YouTubeオーディオライブラリー]の曲 : 『Moons』 (帰属表示不要)

[B] 『ステップシーケンサー』を使う

① Logic Pro Xには、いろいろなボタンやアイコンがあって、とってもややこしいですよね。この記事と動画が、皆様の操作の何かのヒントになればうれしいです。

② 今回は、実際に、主に『ステップシーケンサー』の機能を使って、練習用とはいえ、楽曲の最小構成を作ってみたいと思います。最小構成ですから、作り方は簡単で1つずつトラック(音源、簡単に言えば仮想楽器の音を鳴らして)を積み重ねていくだけです。Logic Pro Xの機能(例: オートメーションなど)としても、『ステップシーケンサー』としての機能もいろいろあるのですが、今回は最低限だけにしたいと思います。

③ 操作手順は、(a) トラックで選んだ音源に対して、トラックヘッダの右の空いている領域(ワークスペース、ピアノロールの時で言うところの「MIDIリージョンを作成する空間」)で、右クリックして表示されるポップアップメニューの中から[ パターンリージョンを作成]をクリックして作成します。

④ [ パターンリージョンを作成]を選んでください。

トラックヘッダの右の空いている領域(ワークスペース)で、右クリックして表示されるポップアップメニューの中から[ パターンリージョンを作成]

[C] 実践『ステップシーケンサー』(1) 「Drummer」を通常通り入れておく

⑤ いつものように、まずは、「キー・テンポ・拍子」を決めます。ここでは、[キー: cメジャー、テンポ: 110、 拍子: 4/4] としておきます(実際は、自由に任意に決められます、例: Am ,126, 3/4など)。

⑥ 「キー・テンポ・拍子」の設定は、もう1つ、メインメニューの上部[コントロールバー]の中にある[LCD]でもできます。ここで設定するには、同じように[キー: cメジャー、テンポ: 110、 拍子: 4/4] といれます(動画0:24)

もう一つの方法 : [LCD]で「キー・テンポ・拍子」の設定

⑦ トラック領域では、default(デフォルト)では、[ Classic Electric Piano] が表示されていますが、今回はそれはそのまま置いておきます。まずは、[ファイル]→[保存]で「好きな名前」を付けて[保存場所を決めて : おすすめはデスクトップ]に保存しておきます。これで準備完了。

⑧ まずは、リズムを取るために[Drummer]を1人選択します。[トラックヘッダ]の上の左の[+]ボタンをクリックして表示されるポップアップメニューから、[ Drummer ]を選択して、左中央のジャンルから任意のジャンルを選び[ここでは「Electronic」を選びます]、右下の青色の[作成]ボタンを押します。ジャンルが違えば、ドラマー担当の人も変わりますが、とりあえずはこれで作成します。この選択は後で増やしたり削除したりできます。そして『ステップシーケンサー』ではなくて、通常の[Drummer]としてのトラックを作成します。最小構成の中の一応「軸」としてそうしておきます。

⑨ ということで、[Drummer]の中から「ジャンル : Electronic」→[ドラマー担当の人の名前 : Magnus(マグナス) - Big Room EDM(ドラマーの主な音楽ジャンルのタイプ)]、さらに、画面右下の「あらかじめ録音されている[ビートプリセット]、右半分には操作している楽器の位置のまる印と自分で変更するための楽器そのものがいろいろ配置されています」の中から1つ選択[ここでは、[ビートプリセット : Glowstick ]を選択]します。選択した結果は次にでます。

⑩ 選択した結果が、トラックヘッダの隣に「黄色い帯」で表示されます。ここまでで繰り返しておくと、[Drummer]→「ジャンル : Electronic」→[担当ドラマー: Magnus(マグナス) - Big Room EDM]→[ビートプリセット : Glowstick ]→[トラックヘッダの右横の黄色い帯のリージョン]ができていることを確認します。(リージョン名は、クリックして変更できるので後でわかりやすいように変えました)

[Drummer]→「ジャンル : Electronic」→[担当ドラマー: Magnus(マグナス) - Big Room EDM]→[ビートプリセット : Glowstick ]→[トラックヘッダの右横の黄色い帯のリージョン]

[D] [ Drummer ]の次は、それ以外のトラックを作る

⑪ [Drummer]を入れたら、今度は[ドラム]を「ライブラリー」から選んで、『ステップシーケンサー』で入力してみます。

⑫ つまり、再び、トラックヘッダの上にある左側の[+]ボタンを押して、今度は[ソフトウェア音源]を選び、[ライブラリ] → [Electronic Drum Kit] →[After Party]と選びます。トラックヘッダのアイコンが[緑色の装置みたい]で、名前が[After Party]と変化します。(最初の左側の[+]ボタンを押さずにこの操作をすると、他のトラックのアイコンと名前が変わったりしてしまいます)。

[ソフトウェア音源]を選び、[ライブラリ] → [Electronic Drum Kit] →[After Party]と選びます

⑬ この[After Party]のトラックヘッダの右側の空いている空間(ワークスペース)上で、「右クリック」すると、ポップアップメニューが表示されるので、いつもの[MIDIリージョンを作成]のすぐ下にある[パターンリージョンを作成]を選択してクリックします。すると、[パターンリージョン]ができて、さらに、画面右下の[ ピアノロール]の領域のところの3番目の [ステップシーケンサー]となって、格子状の升目(ますめ)が表示されます。

⑭ この[ステップシーケンサー]の格子状の「ます目(ますめ)」の縦には「ドラムセット」をその[キック(kick)]とか[スネア(snare)]などのパーツごとに分解したものが並んでいるので、任意のます目を1つクリックしてみます。1行目の[キック(kick)]のところの[左から2番目のます目]をクリックすると色が赤く「オンの状態」に変化します。LCDの左側で右▶︎の再生ボタンを押してみましょう。赤く色がついたところが音が鳴るところです。ちなみに、ここをもう一度クリックすると赤い色は消えて「オフの状態」になります。

⑮ そこで、この[After Party]という「ドラムセット」の縦列パーツの[キック=バスドラム(kick)]、[スネア(snare)]、[click]、[clap]、[ハイハット(Hi-Hat)]、[ハイハット オープン(Hi-Hat Open)]、[ライドシンバル(Ride)]などに、クリックしながらオンしていき音を構成します。

⑮-1 この入力には、DAWでは「基本的なパターン」がいくつかありますので、今回はそれらのうちの1つを見習ってクリックしてみます。これは[ドラムの ピアノロールでの基本的打ち込みパターンのうち「4つ打ちのdance系、8ビート系」]のものとしてよく使われているものと言われています。操作自体は自分でいじくって遊ぶと最も早く身につきます。

ドラムの基本的打ち込みパターンのうち「4つ打ち、dance系8ビート」
拡大してビアのの鍵盤が上にいくよう画像を回転させたもの

⑮-2 この基本的なパターンでは、Logic Pro Xの ピアノロール上の鍵盤にアサインされたドラムの各パートを見てみれば、「C1 : kick1 」、「F# : Hi-Hat1」、「A# : Hi-Hat Open 」となっています。

⑮-3 今度はこれを『ステップシーケンサー』のドラムの各パートに入力してみます。クリックするのは、「C1 : kick1 」、「F# : Hi-Hat1 (Hi-Hat Close)」、「A# : Hi-Hat Open 」となっています。

ステップシーケンサーで表示されるドラムの各パート

⑮-4 よって、このようになりました。

⑯ 続いて、同じ要領でベースを『ステップシーケンサー』で入れてみます。またソフトウェア音源から、シンセ→Bass→「Full Sub」を選択してみました。

⑰ さらに続いて、同じ要領でエレキギターを『ステップシーケンサー』で入れてみます。またソフトウェア音源から、ギター(guitar)→「Amped Synth Lead」を選択してみました。

エレキギターを選ぶ。ギター(guitar)→「Amped Synth Lead」
32ステップを選択した場合の、エレキギター(1)
エレキギター(2)

⑱ それでは、少ないトラックですが、「Drummer」と『ステップシーケンサー』だけにして、全体像を聴いてみます。

「Drummer」と『ステップシーケンサー』だけにして、全体を聴く

ほぼYouTube動画の流れの記事になっております。続きは次回です。

----- 参考文献 について ------

㊺ 参考文献はいつものとおり、以下の3冊です。コード進行は特に難しくてお世話になっております。本当にありがとうございます。

(a) 「プロの曲作りが分かる本 (CD付き) (マニュアル・オブ・エラーズ 著 (株)リットーミュージック )」執筆されているのは主に、谷口尚久、Nagie、山口優、蒲池愛、藤本功一、永田太郎、の各氏。

(b) 「大人のためのコードのしくみ」(五代香蘭 著 (株)ケイ・エム・ピー )

(c) 「大人のための作曲入門本(CD付き)」(友寄隆哉 著 (株)リットーミュージック )

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらも見てね!

YouTubeショートShorts 将棋と囲碁 旬のもの話題のもの

2022/5/28

囲碁を観よう! 石の打ち方6

YouTube ショート その251 囲碁の石の打ち方6 (囲碁の超入門編です) 251 YouTube動画タイトル : 「囲碁を観よう! 石の打ち方6 (251) #Shorts」 囲碁の石の打ち方 6 です    (囲碁の超入門編です) 今回は『碁盤上の空間の名称』をします。『19路盤』での、黒番側の方から見たものになります(この動画では、9x9の『9路盤』を使って きました) ちなみに黒番や白番の決定はプロの公式なタイトル戦などでは『ニギリ』という方法 いわば1人が握った石の数を相手が奇数か偶数かを ...

YouTubeショートShorts 将棋と囲碁 旬のもの話題のもの

2022/5/27

囲碁を観よう! 石の打ち方5

YouTube ショート その250 囲碁の石の打ち方4 (囲碁の超入門編です) 250 YouTube動画タイトル : 「囲碁を観よう! 石の打ち方5 (250) #Shorts」 囲碁の石の打ち方 5 です    (囲碁の超入門編です) 今回は、最終局面です 囲碁では勝敗は「陣地の多い方が勝ち」になりそれ(陣地、地)は「交点」を数えることによると されていました ここでは最も簡単な形を想定しての計算にします 便宜上、先に「白の陣地」を見てみますが「交点の数」をかぞえると・・・ (1) ここでは便宜上、 ...

music YouTubeショートShorts

2022/5/26

ガレバンで遊ぶ43 長調 四和音3

YouTube ショート その249 (おかげさまで、240に達しました ありがとうございます!!) GarageBand ガレバンで遊ぶ iPhone/iPad用musicアプリ YouTube動画タイトル : 「ガレバンで遊ぶ43 長調 四和音3 (249) #Shorts」 四和音の3回目です(四和音は三和音にさらに3度上の音を重ねて作ります) (1) 「CDEFGAB(C)、ドレミファソラシ(ド)」というCメジャー・スケール(ハ長調の音階)上の おのおのの音の上にできあがった7つの四和音の『コード ...

YouTubeショートShorts 将棋と囲碁 旬のもの話題のもの

2022/5/21

囲碁を観よう! 石の打ち方4

YouTube ショート その245 囲碁の石の打ち方4 (囲碁の超入門編です) 245 YouTube動画タイトル : 「囲碁を観よう! 石の打ち方4 (245) #Shorts」 前回から始まった囲碁の石の打ち方です    (囲碁の超入門編です) (1) 囲碁は、「黒と白が線と線の交わる点(交点)」に黒番と白番の交代で石を打ち(置き)ながら 相手の石を囲んで取りながら一方では自分の石と地を囲まれないよう 守りつつ互いに自分の陣地を形成していき『最後に陣地の大きいほうが勝ち』です 相手の石を取るには『呼 ...

music YouTubeショートShorts

2022/5/19

ガレバンで遊ぶ42長調 四和音2

YouTube ショート その242 (おかげさまで、240に達しました ありがとうございます!!) GarageBand ガレバンで遊ぶ iPhone/iPad用musicアプリ YouTube動画タイトル : 「ガレバンで遊ぶ42長調 四和音2 (244) #Short」 三和音の時と同様に今度はこれら7つの四和音のおのおのについての「コードの種類」を調べます 7つの四和音のI〜VIIのおのおのについてルートと7度の音程を鍵盤図で調べて「長7度」か「短7度」なのかを求める もう1つは三和音の「コードの ...

-My DAW/DTM, My YouTube